×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

あなたの肌に

現在のように着る毛布などの暖房が十分でない時代、東北の厳しい寒さを乗り切るために塩分をたくさん摂っていただけで、わざわざ高血圧や脳卒中になりたかったわけではありません。しかも、高血圧や脳卒中があれだけ多かった当時でも、東北地方の薬(化学薬品)の飲みすぎ熱が出た、風邪を引いた、生理痛がひどい、下痢をした、便秘をした、などの理由で、安易に薬に手を出していませんか?実は化学薬品は、甲状腺ホルモンを除けば、ほとんどがカラダを冷やす作用をもっています。その最たる例が解熱剤でしょう。鎮痛剤もまた、鎮痛解熱剤といわれるように、ほとんどがカラダを冷やす作用があります。着る毛布でカラダを温めるブランケットを使用しましょう。そのときの一時的な痛みを止めることはできても、結局症状を引き起こしている冷えは改善されないどころか、さらにカラダを冷やすのですから、また同じ症状が起こり、慢性的に痛みに苦しむことになります。

ニキビ スキンケア 口コミ
大人にきびの肌に影響を与える毛穴の角質や、アクネ菌の活動に影響を与える「免疫」といった、体内バランスの乱れにあります。